発表会決定!

来年の発表会の日程が
5月11日(日)

に決まった!

また5月の第二日曜の母の日、
どうもこの日にご縁があるんだね。

やっと今週、クリスマス会の曲が全員決まったばかりで、これからクリスマス会の練習や準備に忙しくなる。
でも、発表会が決まると頭の何処かで発表会の事が頭から離れなくなるのは不思議だ。
前回は30周年で突っ走ってきたが・・・
今回の企画はどうしようかな?
スタッフも忙しくなってくるし・・・
あまり頑張り過ぎないよう・・・
身体を考えて・・・
でもみんなが楽しんで貰えれる発表会にしたいし・・

なんて、色々な事がgeko先生の頭の中で回っている。

やっと私事の方が一段落してきたので、少しずつ一歩ずつ考えていこう!

みなさ~~ん、宜しくお願いしますね(ペコリ)
[PR]
by gekos | 2007-11-16 20:03 | 2008年発表会

ちょっとフランス・・・

内緒で・・・
フランスに行ってきた!

この所・・・精神的にも肉体的にも・・・
色々とあったので・・・

急遽気分転換に
のんびりと美術館を巡る旅に出かけてきた。

e0040673_13491455.jpg

オルセー美術館では、大好きなモネ、ルノアール、ゴッホ、セザンヌ、ドガ・・・etc
など素晴らしい数々の名画に触れた。
e0040673_14275318.jpg


オルセーを出ると・・・そこは素晴らしい夜景!!!
セーヌ河に紅葉した木々がライトアップされ、遠くにはキラキラ輝くエッフェル塔、コンコルド広場の観覧車、凱旋門から続くライトアップされているシャンゼリゼ通り・・・
夜景もパリは芸術だった。



第一日曜日はパリ何処に入っても入館料がすべて無料!!
勿論geko先生も、1時間しかなかったけれどルーブル美術館に直行。
でもルーブルを1時間で巡るのは至難の業。
ミロのビーナス、サムトラケのニケ、モナリザの間・・などをざっと観る事しか出来なかった。

で・・・後日入りなおし!

今度は4時間掛けて、のんびりと観る事が出来た。
e0040673_13592164.jpg

ダヴィットのナポレオンの戴冠式」この絵は、かなり勉強していって、色々な背景が分かるだけに
見るのとても楽しみにしていた。
そして、この絵を見た瞬間・・・しばし・・・息をのみ・・・
ただただ言葉を忘れて立ちつぐんでまった・・。

ダヴィットって天才だわ~~、天才のなしうる技・・凄い・・。
そしてこの絵、とっても大きくて2DKの広さなんだって!凄い!

しかも、閉館間際だった事で・・・
こんなに空いている中で、この絵をじっくり見る事ができた、贅沢だね。
e0040673_1492247.jpg


そして、そして・・・
最後にもう一度モナリザに会いたくて・・・
モナリザの間に行った。
モナリザの前にはロープが引いてあり、傍には近づけないし、何時も人で溢れているので残念な事には良く観られないのだ。
ダヴィンチが何年も掛かって、死ぬまで手放せなかった、このモナリザをたかが何分観たからって良さが分かるわけないよね。
と分かっているが・・・
モナリザを見た瞬間、何処か・・・あの謎の微笑みに引きずり込まれてしまうのは・・なぜだろう?

そして、そして、信じられないことに、モナリザとのツーショットが出来たの!!!
e0040673_14301544.jpg

閉館10分前だったので、人が殆どいなかった。
私が・・・「ロープの中に入っていい?」と可愛く(笑)身振り手振りで監視員に尋ねた所・・・
監視員が・・・いいよ!ってニヤっとしながら応えてくれたので・・
やった!!!と大喜び、モナリザを真近でじっくりと見る事が出来。
おまけにしっかりとカメラに収めた
後・・
こんなツーショットの写真まで撮らせてくれた。
監視員さん、ありがとうね!!!

ここでgeko先生が気に入った絵を幾つかピックアップしよう。
ラ・トゥールの「工房の聖ヨセフとイエス」
e0040673_1449869.jpg

この絵は若きキリストと父であるヨゼフとの対話のシーン。
暗い夜に輝くろうそくと顔の光が絶妙だった。
観ていると、キリストの将来を暗示しているような・・
なんともいえないむなしさが伝わってくるのが不思議だった。


オランダの画家、フェルメールの「レースを編む女」とても小さな絵画だったが・・
目に見えないとっても大きな力を感じ取る事が出来た。
e0040673_14553788.jpg


イタリアの大好きな画家ラフアエロが描いた「聖母子とヨハネ」
e0040673_14513886.jpg

ラフアエロの作品は何時見ても、安らかさを感じる。
この大好きな絵画の前でずっと座って眺められた事に感謝。

あと、ルーベンスの大作「マリー・ド・メディシスの生涯」フランスの王、アンリ4世に政略結婚で嫁いだ、イタリアのメディチ家のマリーを
誕生から昇天までをギリシャ神話の神々に取り巻かれ、祝福された形で21枚の絵画に描かれている。
最近歴史に興味がり、勉強しているgeko先生にとっては、とても面白かった。
しかし・・この絵も見応えがあり・・圧巻だったな!
e0040673_15102843.jpg



しかし・・ルーブルは4時間掛かっても、好きな絵をざっと観る事しかできないのよ。
まあ、三ヶ月掛からないと全部は見切れないそうだもの。

今回は絵画だけでも相当写真を撮ってきた。
もし、興味がある方は、どうぞgeko先生宅へいらして下さいね。
写真集をお見せいたしますから(ウフフ・・・)

さあ、フランスでしっかりと充電したので、これからクリスマス会に向けて頑張るよ!
[PR]
by gekos | 2007-11-14 14:36 | コンサート