ジャズピアノ6台コンサート♪

今日は午前中振替レッスンをして・・・
急いで宇都宮へ向かう!

なおちゃんと、ジャズのコンサートに行くまでにランチをするので、早めに電車に乗った。
駅までお迎えにいらして下さり・・・
レストラン「ちひろ」に行った!

大人の空間の中、
ゆっくりとお料理を堪能出来た!
一品一品素材や料理法などを拘って作っていらっしゃる。

こちらも、時間を掛けて・・・
なおちゃんと上品にお話をしながら(笑)
上品に頂きました!



e0040673_12264918.jpg


e0040673_12265084.jpg

e0040673_12265199.jpg


そして・・・
いよいよ宇都宮市文化センターへ向かう。

今日は「JAZZ 6PIANOS」で、
佐山雅弘・小原孝・国府弘子・塩谷哲・佐藤充彦そしてゲストに前田憲男らによる連弾なのだが・・・
佐山雅弘が体調崩し急遽・・・若手の田中信正と岩城直也が出演する事になった。

ステージの上に6台のグランドピアノが円を描くように、お花の様に並べられて演奏が始まった。
e0040673_12460751.jpg

演奏曲は・・・
e0040673_12515015.jpg
今日出演なさっている、塩谷哲さんは子供のころエレクトーンで「海溝」を作ったのだ!
この曲はお母さんを亡くした悲しみ・・・お母さんは海の底にいるのかな?と「海溝」が生まれたのだった。
とてもメロディーでgeko先生も大好きな曲で、人気があったので、教室でも弾いた生徒さんが沢山いたな。
あの頃の彼が・・・・オルケスタ・デ・ラ・ルスで活躍なさって・・・
今ではカッコ良いジャズピアノを弾いている♪
geko先生の頭の中で・・・塩谷哲さんの思い出がぐるぐる回っていた。

国分弘子さんは、八ヶ岳音楽堂で演奏を聴いた事もある。

小原孝さんは、童謡~クラシックまでピアノ曲のアレンジが素敵なの。
良く生徒さんにも弾かせて頂いている。geko先生も大好き。
お洒落なアレンジで、小原さんのセンスが光り・・・弾いていて気持ちが良い。

一人一人語っていると・・時間がないので、すみませんこの辺で・・・。

皆様超一流のメンバー6人の演奏を聴くことができるのは・・・本当に贅沢ですね。

「12分間世界一周」では、色々な有名な曲をジャズにアレンジして6台のピアノが四季彩豊かに演奏した!
とにかく面白い!楽しい!
アレンジも素晴らしい!演奏テクニックも素晴らしい!!
大興奮のgeko先生でした。

1部最後の「ボレロ」では
 ラベルの曲を塩谷が編曲 弦を抑えて小太鼓の代わりにリズムをとりスタート。
段々を盛り上がって・・・最後には大迫力!!!!!で終わる!

凄い~~~~~~~~!
と凄すぎて・・・ため息がこぼれました(笑)

そして休憩を挟んで2部。
5人の日本の曲を取り上げてソロを演奏して下さった。
え????この曲は何の曲???と良く耳を傾けると・・・・・・????
「異邦人」「月の砂漠」など・・分かるのね。
カッコ良くお洒落のアレンジに聞き惚れてるgeko先生だった。


最後の「パリのアメリカ人」
この曲はガーシュウィンの代表作ね~
6人が其々にアドリブを弾いて、そして6人合わさるとぴったり合う~~
さすが、この6人ですね~
って最後は2人加わったから7人でした!
良く聴いていると其々に微妙に音が違うの。
これが・・・個性なのでしょうか??
同じピアノなのに・・不思議だわ~~~。

そしてアンコールでは「サンバデジャネイロ」で、国分さんがメンバー紹介を行い終了した。
今日のコンサートは3時間近くも演奏して下さった♪

今日は、なおちゃんが誘って下さったコンサートだった。
「gekoちゃん忙しいから無理だと思ったわ。諦めながら誘ったのよ!と言われ・・・

「日曜日は大丈夫!!!行きます!」と急遽決まったコンサートだった。

とっても素敵なお洒落な楽しいコンサートだった。

なおちゃん、ありがとうね!
そして・・・素晴らしい音楽をプレゼントして下さった6人の皆さま、ありがとうございました!

終わってもずっと頭の中で「サンバデジャネイロ」が響いているgeko先生だった。


次回の発表会「サンバデジャネイロ」で先生紹介する(笑)



[PR]
by gekos | 2017-07-09 23:26 | コンサート